社会人なら押さえておきたいお金

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚してしまうのも一つの案です。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。信頼のできなくなったパートナーと死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求すると別れさせることも難しくはありません。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。ところが、探偵に頼むと費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵さんへの浮気調査の依頼には、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所が変われば調査料は変わってきますから、調査を依頼する前に見積もりを頼むべきです。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費は交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査中の食費が加わることもあるようです。時間給は、人数×時間で算出した費用です。調査にかかる時間が短いほど費用も安くすむわけです。
法テラス 福岡

パートナーの浮気リサーチを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば請求される調査費用も多額になります。興信所などによって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。