受動喫煙によるタバコの害と健康(体調管理)について

近年では喫煙が健康(体調管理)に様々な悪影響を及ぼすことが広く認知されるようになり、日本国内だけでなく世界的に喫煙者の数は年々減少しているといわれています。
しかし、健康(体調管理)におけるタバコの害を考える際に注意しておきたいのが、本人の喫煙(能動喫煙)を行わないことだけでなく、公共施設や職場などにおける受動喫煙です。
受動喫煙とは周囲の人間が喫煙を行うことによって発生した副流煙を吸入してしまうことをいいます。
一見するとタバコに含まれる有害物質は大半が喫煙者本人の体内へ取り込まれるように思えますが、実際には喫煙によって吐き出された煙にもタールやニコチンといった健康に有害な物質は多く残留しており、喫煙者本人と副流煙を吸入するその周囲の人間を比較した場合、同等の健康リスクを負うことがわかっています。
薬用プランテル

副流煙によってもたらされる健康被害としては、代表的なものとしては肺がんが挙げられますが、それ以外にも心筋梗塞・狭心症・動脈硬化といった生命に係る重大な病気などがあります。
また、特に気をつけたいケースとしては妊娠中の女性に対する悪影響で、こうしたケースではタバコの煙による血管の収縮作用により、流産や早産などが起こりやすくなることがわかっています。